金属3dプリンターのレベル

レベルが上がっていく金属3dプリンター

「金属3dプリンター」とは物体の3次元モデルさえあれば、実態を作り出すことができるものです。その金属3dプリンターのレベルが急激に向上したことにより、どのような事ができるようになったかを紹介していきたいと思います。

金属3dプリンターの精度

物体の3次元モデルがあれば、実態を作り出すことができる「3dプリンター」がブームとなっています。樹脂のプリンターでは材料の種類が増え、強度・精度も向上してきました。消費者にも手が届く数10万円の3dプリンターも販売されるようになり、一気に世の中に普及されるようになりました。度々ニュースでも取り上げられたことが記憶に新しいと思います。
このように樹脂による3dプリンターが普及してきたと同時に金属も3dプリンターで生産ができるようになってきました。現在の金属3dプリンターは造形品質が向上し、強度も鋳物と同じレベルに達してきたと言われています。このことにより、生産スピードの向上やコスト低下により、部品の大量生産にも期待が高まっています。

金属3dプリンターのメリット

世の中が金属3dプリンターに期待しているメリットとは何かを紹介していきたいと思います。
1つ目に、3dモデルのデータから生産ができるようになり、今までかかっていた生産完了までの時間が大幅に短縮できます。このことにより、時間が節約されるので、生産性の向上や試作品作成のスピードアップが期待できます。
2つ目に、金属3dプリンターを使用することにより加工や工具、組み立てが必要なくなります。つまり、オーダーメイドの物が簡単にそして低価格で消費者に提供できるようになります。また、これまで金属加工方法により複雑な形状を作成することができなかった物は数多くあります。しかし、今まで表現できなかった特殊な形状を容易に作成することができます。

金属3dプリンターの今後の課題

一見、魔法のような金属3dプリンターにも、まだまだ課題があります。その課題とはなにかを紹介していきたいと思います。
1つ目に、金属3dプリンターにも1回で生産できる限界のサイズがあります。市販で売られている金属3dプリンターは50[cm]×50[cm]が最大です。寸法の精度も±0.1[mm]とされていますが、金属3dプリンターで生産している時に発生される熱により熱収縮され、この熱収縮をいかに抑えるかの検討が必要になってきます。
2つ目に、生産速度です。金属3dプリンターを使用することにより時間の節約は大幅にできますが、まだ満足のいく生産スピードには到達していません。そして、そのための装置価格も高価なのでコストメリットが見出せるだけの価値がある部品が少ないです。
これまで、課題を挙げてきましたが、これらを克服することができれば将来性のある物になるのは間違いありません。