色々活躍する3dプリンター

さまざまな業界で活躍している3dプリンターは金属も使える

3dプリンターは試作品を製作する目的で使用されており、大量生産する前に製品の機能や構造、デザインなどを確認するために利用されています。金属製品の特定部品の製作や本製造するのに使われており、今後さまざまな業界での導入が進むでしょう。

3dプリンターのメリット

3dプリンターは主に航空宇宙産業や自動車製造において利用されており、その他の業種においては試作品を制作するのに使われています。3dプリンターを導入するメリットにはコストカットがあります。従来試作品を作るために材料費はもちろん人件費などがかかり、製作にかかる時間や物流コストも必要でした。しかし3dプリンターを利用すると、金属での加工・製作もできるので、飛躍的なコストカットが可能です。本製造においても3dプリンターを利用している企業は多く、自転車のサドルやサッカーシューズの留め具などの製造を3dプリンターに切り替えている企業があります。コストカットだけでなく品質がより向上したケースが多く、積極的にいろいろな業界で普及されています。

3dプリンターを利用して品質アップ

3dプリンターを取り入れることによって、品質が向上した企業があります。3dプリンターで金属を加工すると、例えば従来いくつもの種類のパーツを組み合わせて1つのものにしている部品を、1つのまとまった形として製造することが可能になります。パーツ間の微妙なズレや隙間などが起きないようになり、製品の性能がアップする要因となりました。質量をカットすることができ部品の軽量化にも繋がるので、自動車業界の場合は燃料代の削減に貢献することができるでしょう。3dプリンターを利用することで、個人の体重や体形に合った自動車を製造することが可能になります。身体にフィットすると快適さが増すので、購入者にとっても非常にメリットがあります。

余分な在庫管理が不要

製造コストの削減や品質の向上に繋がるので、3dプリンターを利用するとその流れから余分な在庫管理が不要になります。従来はある程度のスペアや予備の部品を保管する必要がありましたが、3dプリンターで金属の部品が制作できるので製品のデータを管理するだけで済みます。基本的な部品の改良についても、データを変更することで制作が可能です。従来のように金型から作る必要はなく、オリジナルの製品データを残しておけばその改良版も制作ができます。製品を改良する段階で発生するスクラップがなくなったり、改良時間が大幅に削減が可能です。今までさまざまな地域でパーツを制作していたことを、1箇所に集約することができるので物流コストの削減にも繋がります。