医療用インプラントにも3dプリンター

医療用インプラントの中には親和性が必要なメディカルにも応用

3dプリンターには金属や材料の種類に応じて製品を作り出せるなどの特徴があります。例えば、紙などを用いた3dプリンターは古くから存在していましたが、樹脂や金属などの材料を使えるようになったため、開発期間を短縮出来るなどのメリットを持っています。

3dプリンターはどんなプリンターなの?

物づくりを行う中で3次元CADを使う機会が多くなっています。従来は手書きの図面を書き起こして設計が行われ、手書きの図面を使用して形作りが行われていました。
手書きの図面は時間や労力を使う作業であると同時に、変更が生じた場合には大幅な修正が必要になる事も珍しくありません。3次元CADの場合は、修正や変更なども容易に行えるため開発期間の短縮にも繋がるのです。
そして、3次元CADで設計が行われた製品データを3dプリンターを使って出力を行えば、3dプリンターの排出口からは3次元CADで設計が行われた製品が出て来るのです。
尚、3dプリンターには様々な金属に対応した製品もあり、アルミニウムやダイキャストなど必要な材料を使って製品化が可能になっています。

3dプリンターを利用出来る会社もある

3dプリンターを会社の中に導入を行えば、金属製品の試作などを容易に作れるようになり便利です。
通常、金属製品を作る場合には、金型を設計してから、金型に金属材料を流し込み、プレス機を使って製品を作り上げる必要があります。金型を作るためには膨大なコストが掛かる事、試作品として上手く出来なければ、設計をやり直して金型を改良する、もしくは金型を作り変えなければならなくなるケースもあります。しかし、3dプリンターを使えば金型を作る必要もなく、試作品を作り出す事が出来るようになるわけです。
最近は、3dプリンターを使って試作品を作ってくれる会社が増えており、金属材料だけではなく樹脂材料なども対応しているので便利です。

医療分野で使用する金属製品も可能

金属製品の中には体内に埋め込むインプラントもあります。インプラントと言うと、歯科治療のインプラントをイメージする人も多いかと思われますが、ペースメーカーや骨折した際に埋め込むボルトなどもインプラントと呼んでいます。
インプラントは人工物であると同時に、生体内に埋め込むものであり、患者さんに合うものをその都度作る必要があるわけです。
ヨーロッパなどでは3dプリンターを使ってインプラントの構造体を作る等の試みが行われていると言われています。3次元CADデータや患者さんの生体データなどを応用する事で、3dプリンターを使えば金属で最適なインプランを作り出せる、しかもコストを掛けずに品質の高いものを作る事が出来るため注目を集めています。”